eboot OSV

THIN CLIENT/NETWORK BOOT

主な特徴

ネットワーク依存型のネットワークブートシステムです。
クライアント側にHDDがない、または使いたくない方にオススメのシステムです。

クライアント内にハードディスクを必要としませんので、クライアントにデータを残さない為の構成が容易に構築でき、セキュリティーの向上や消費電力の大幅な低減が期待できます。

  • マルチブート対応

    複数のOSをクライアント端末HDD内に格納し、必要に応じて選択されたOSをローカル起動するマルチブート環境を提供します。

  • 管理はサーバー経由で一元化

    端末内のOSデータは管理用のサーバーから一括更新が可能です。OSのパッチや、アプリケーションの追加/削除など1台の端末で行った更新分をサーバー経由で全端末に配信できます。

  • ネットワークに依存しない また、Wifiタブレットにも対応

    ローカルブートですので管理サーバーの電源オンオフ、ネットワークの状況に依存しない安定的なクライアント環境を実現します。

動作環境

クライアント40台での最低動作環境

  Boot server IO Server
CPU Xeon x 1機 Xeon クワッドコア以上 x 1機
メモリ 2GB 8GB
HDD 指定なし RAID 10 (HDD4台以上)
LAN Gigabit x 1ポート Gigabit x 2ポート
※クライアントは、使用する環境によってHDD付の端末と同等のスペックを選択してください。

動作確認済みOS

Boot server Server2008 (32/64bit) | Server2012 (32/64bit/R2) | Server2016 R2 | Windows Windows7/10
IO server Server2008 (32/64bit) | Server2012 (32/64bit/R2) | Server2016 R2
管理用PC(CMS) Server2008 (32/64bit) | Server2012 (32/64bit/R2) | Server2016 R2 | Windows Windows7/10
クライアントPC Windows7/8/10 | Linux (Redhat系, Ubuntu) (カーネルは限定されます)

さらに詳しい内容はeboot サイトでご覧いただけます。

eboot サイトを見る